日々、是レ、気ママニ育児ト育自。

モットーは『何とかなる』。スカパラライブに行ける日は来るのか!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
4分の1の結婚記念日
初めての結婚記念日です。


あ、でもホントの記念日は三年後ですけど。
うるう年の2/29なので。


記念日やクリスマスは行くお店が決まってます。
今日もそのお店でお祝いです。


オーナーがケーキをプレゼントしてくれました!
ケーキ



家に帰ったら見慣れない包みが。


開けると。。。
スイート・ワン


スイート・ワン・ダイアモンド!?
思いもよらなかったプレゼントに思わず涙。


この一年、たくさんケンカもしたけど、
その何十倍何百倍も楽しいこともあった。
そしてそれ以上に何気ない日常がとても幸せに感じる。
そんな一年でした。
これからもずっと、同じように過ごしていけたら良いです。


ちなみにウチは、寝る時に手を繋いで寝ますが
それは結婚一年くらいなら当たり前ですか?
あ、でも朝起きるとお互い背中向けてるし、
布団と布団の間に隙間ができてるけど。
わたしはこの隙間を『夫婦の溝』と呼びます。
寝る前にせっせと『夫婦の溝』を埋めてます。
↑ただ布団くっつけるだけ


これから二年目に突入です。
『夫婦の溝』は布団の隙間だけにしておきたい(笑
(毎日ちゃんと埋めます)
スポンサーサイト
Happy Wedding
2009年2月 大安吉日


一年越しで結婚式を挙げてきました。
予算と日程の関係から二人だけの式です。
場所は「ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原」というリゾートホテル。
別館「バトゥール」にチャペルがあり、そこで挙式です。


予約をしてから当日まで連絡は電話とメールのみ。
自分がどんなドレスを着るかも知らないのです。
準備と言えば、前日、自己満足でエステに行き、安いネイルチップにデコシールを貼ったくらい(爆


当日、やや渋滞と道に迷い、ぎりぎりに到着。
着いてすぐにドレス選び。


「どれがいいですか?」ときかれても、どれがいいのか迷う。
2着試着し、やっぱり最初に選んだほうに。第一印象って大切ね。


ドレスを着て、メイクとヘアセット。
だんだん花嫁と化ける自分を鏡で見ながらなんだか照れる。。。
ダンナさんもタキシードに着替え、意外とイケててなんだか笑える。


準備も整い、いざ入場。
予行練習も無いから段取りもわからず、進行役のスタッフの方がその都度説明しながら進みます。


入場       
誓いの言葉     
指輪の交換     
誓いのキス     
結婚証明書へ署名     
キャンドルセレモニー
退場
   

人前式なので、わたし達は祭壇に立ちます。
誓いの言葉は内容はお互いに内緒で手紙にして、その場で読みました。
全くお互いに知らなかったんだけど、偶然にも同じフレーズが出てきました。
キャンドルセレモニーは3つのキャンドルが祭壇にあって
1人1つずつ灯して手に持ちます。
そして、お互いが持つキャンドルから灯を分け合い、真ん中の大きなキャンドルに灯します。
それぞれ持っていたキャンドルは、わたしはわたし、彼は彼で今まで生まれ育った家庭を、
真ん中のキャンドルはこれから二人が築いていく家庭を意味するそうです。
なのでこのセレモニーはふたりで力を合わせて新しい家庭を作ると言う意味なのだそうです。


そして、退場。
あっという間でした。
でも、本当に心に残る式になりました。
1年経つけど、やっぱり結婚式をやってよかった。
ドレス着てよかった。
一生に一度くらい、こうやってお姫様になってもいいよね。


終わってから写真をいっぱい撮ってもらいました。
そのうちの1枚が結婚証明書に添えられ、もう2枚が台紙に貼られ
残りは通常の写真として頂きました。
あとはデジカメでパシャパシャ。
↓これは証明書に添えられた1枚
20090217213214.jpg


ドレス脱ぐのが惜しいくらいでしたが、時間です。
着替えて、チェックイン。
同じ「バトゥール」内にあるセミスイートルームに宿泊。
アンダはバリ風のホテルなので、館内すべてがバリのインテリア。
部屋も素敵です。
わたし達が泊まったお部屋には半露天の内風呂がありますが
それ以外に貸切風呂や展望浴場などいくつかあって、そのうちの2つに入ってきました。


あとは卓球をやったり、ビリヤードやったり、結構遊べます。


夕飯は創作コース料理。
特にエスニックと言うわけではないので、子どもからお年寄りまで楽しめそうです。
デザートもつくんですが、それとは別にプチウェディングケーキがサービスで出ました。


夕食時のパンがおいしくて、お持ち帰りの予約をしてチェックアウトで
受け取りました。
あと、夕食時に写真を撮ってくれるのですが、その写真もサービス。
ドリンクはほとんどがフリーだし、部屋には加湿器もあったり
アメニティグッズも充実してて1泊でもかなりの満足感。


帰りに河津を周って桜を見てきました。
ちょうど満開を過ぎたあたり。先週の暖かい風で一気に花が進んだようです。


アンダのスタッフの方はみんな丁寧で親切で、ゆっくり、のんびり、癒された結婚式でした。



1年に1度。。。とはいかなくても、また行きたいな。
子どもができたら、「ここで結婚式をしたんだよ」って教えてあげるんだ。


明日からまた日常が始まる。
でも、この日を忘れずに。。。



『今と同じ気持ちで・・・』
結婚式直前の出来事
ダンナさんとケンカした。


次の日、家出した。ダンナさんがね。


その次の日、深夜1時に帰宅。あ、これもダンナさんがね。


お互いに口を聞かず、気まずいまま、十数分。
わたしは悔しいやら悲しいやらで、トイレで泣いた。
そしたらダンナさんに連れ出され、話し合いになりました。
いろいろ言ったし、言われた。


結婚して毎日一緒にいるけど、やっぱり大切なことは
自分の気持ちはちゃんと言葉で伝えることだと思った。
とくに大切な人とは、ちゃんと話をしなくちゃね。


昨日はバレンタインだったね。
恋人や家族。愛してる人に、その想いをチョコに乗せて渡せましたか?


わたしは両父に。
そしてダンナさんに。
仲直りしたのが昨日だったので、ぎりぎりセーフ。
まだ食べてないので、明日ゆっくり二人で食べます。


今回のケンカで、いろいろ学んだ。
ケンカする度に思うけど、こうやって少しずつ夫婦になっていくんだな。

80過ぎの老夫婦になったら、言わなくてもわかるような仲になれるのかな。
でもいくつになっても、たくさん会話のある夫婦でいたいな。


もう一つ思ったこと。
友達っていいね。とても励まされた。
ありがとう。
衝動買いのできないワケ。
ウチの実家は自営業でした。(今はもうやってません)


明日のお米に困るほどの貧乏ではありませんでしたが、
決して裕福な家でもありませんでした。
家もぼろい借家だったし、勉強机とかベッドとか自転車とか
全部10歳上の兄のお下がりだった。


10歳違うんですよ。
デザインも一昔前だし、錆びてるし、何よりちっともかわいくない。


それらをわたしは何も言わずに使ってました。
ま、取り立てて可愛らしいベッドも自転車も欲しいと思わなかったけど。


大人になってからなんとなく思うのです。
子供心に『わがままは言っちゃいけない』と思っていたなと。


我が家が慢性的な財政難だったのはおのずとわかっていました。
それでも親は子どもが欲しいといえば、買ってあげようとする。
だからわたしは『あれが欲しい』とか『これ買って』とかあんまり言わない子になった。
「なんか買ってあげるから選んでいいよ。」と言われても
「別に今は欲しいものないよ」と、そう答える子でした。


でも、そのかわり、どうしても欲しいものあるときは
本当にそれが欲しいのか、本当にそれは長く使えるのか、
とにかく考えて考えて、それでも欲しかったら親に申告しました。


なので、大人になって自分で服やアクセや雑貨など買うようになってからも、かなり慎重です。
ほとんど衝動買いはしないし、気になるものは何度か足を運んで悩みます。
そのうちに売切れてしまったことも多々あり。
その時は「あれは自分とは縁のないもの」と、そう思います。
負け惜しみとかじゃなくて。


たまーに、一目ぼれで買っちゃう時もあります。
でも衝動買いとはちょっと違って、「ビビビッ」と感じるものがあるのです。
そうやって買ったものは、確実に長年愛用します。


そんなわたしなので、あんまり流行とかには流されないです。
周りが持ってるからと言っても、自分に必要だなと思わない限り手を出しません。
うらやましい、くらいは思うけど。


だから。


だから。。。


周りに影響されてすぐに欲しがるガチャピンがムカつくーーーーーーーーーーーー!!


のです。





こんだけ、長々とくどくどと書きましたが、
わたしは単なる貧乏性です。ケチくさい人間なんです。
でもさ、「三つ子の魂百まで」と言うじゃないですか。
この先、もし、どんな金持ちになっても、変わらないんでしょう。


そういいながら、なかなか貯金がたまらないのはなぜだろう。
家計がいっつも赤字なのはなぜだろう。。。
Wiiとか買っちゃったのはなぜだろう。。。


うーーーーーーーーーーーーーん。。。


わたし、支離滅裂ですか???
妖怪アンテナみたいなもん??
ここ2,3日暖かいです。
今日は休みだったから洗濯もしたし、布団も干しちゃった。
換気と思って、しばらく窓開けてた。


そんなわたしがバカでした。


数日前から『もしや・・・』と思っていたのに。


ついに今年も来ました。アイツが。アイツ等が。。。
わたしのアンテナが反応しました。








そう。
アイツ等とは。。。










スギ花粉ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!


今年も花粉症発症。
今年は例年より多いらしい。てか、毎年そんな事言ってるじゃん。


2,3日前からくしゃみが出てました。 ちょうど「今日は暖かいな」と思った日から。
今日から目がかゆいです。
風邪もまだ完治してないのに。



あぁぁぁぁぁぁ。


結婚式は来週ですが、このままでは花嫁ではなく、鼻水嫁になってしまう。


病院行かなきゃ。もう遅いか。。。
薬は発症する前から飲まないとあんまり効果ないんだよ。
知ってるくせに、めんどくさがりだから病院なんか行かない。
で、発症してから後悔する。
学習能力ゼロです。


とりあえず、マスク必須です。
コートなどの上着はウチに入る前に脱いで、思いっきり叩きます。
柔軟剤はレノアです。静電気を防ぐってCMで謳ってるから。


空気清浄機が欲しくなる。
ちよこれいと
子供の頃、じゃんけんをしてグーで勝つと『グリコ』、
パーで勝つと『パイナツプル』、
チョキで勝つと『チヨコレイト』、と言いながら
その文字数進んで、先にゴールしたら勝ち。
というゲームが流行ってました。
よく空き地でやりました。


という前振りはどうでもよくて。。


今週末はHAPPY☆VALENTINE

実は私、、、



興味ないんですーーーーー。

あ、でも、今まで彼氏がいればあげてましたし、
実家暮らしの時は父にもあげてました。

もちろん今年もちゃんとこの行事に参加します。
安くて見栄えの良いのは早く売り切れちゃうので もう用意しなくては。
明日の祝日でけっこう完売しそうー。

チョコは好きだけど、バレンタインに出るチョコは、高いし甘いし。
明治やガーナの100円の板チョコで十分かと思うのですが。

ムードもへったくれも無い意見ですけどね。


まぁ、それでもこんな時じゃなきゃ、高価なチョコは買わないから、
そうは言いつつ、今年もバレンタインコーナーへ。

どれにしましょう。悩む。。
渋谷で再会。
昨日はダンナさんたちバンドと、仲の良いバンドが一緒に渋谷でライブでした。


なのでわたしも便乗して渋谷へ。


みんながリハやってるときは、大学時代の友達二人とお茶@SUZUカフェ。

渋谷のど真ん中の割りに、ゆったりした店内で
満席でもそんなにガヤガヤしてなくて落ち着いたカフェでした。
教えてくれた友達に感謝。


そこで蜂蜜と生姜のシフォンケーキを食す。
なんか風邪によさそうでしょ。
生姜の風味がしっかりしてて、おいしかったです。


友達の1人がお子様を連れてきました。
彼女が妊婦さんのときに一度会ってはいたけど、お子様とは初対面。
もう3歳ですって。早い。。。
カフェでいっぱいおしゃべりしてくれた。
女の子はかわいいのぉぉぉ~。


もう1人の友達は年に1度は会ってるけど、なかなかゆっくり話せないから
昨日は会えてよかったです。
しかも、sunaoのエコバックもらっちゃったぁぁ!!
sunaoは二人ともお気に入りブランド。
彼女も自分用に買ったらしく色違いです。
静岡にはsunaoがないから超うれしい!!ホントアリガトです。


お茶してたのは1時間半くらいで、あっという間だったけど
大学時代に戻ったみたいで、楽しかったです。


二人と別れて、ライブハウスへ。

そこでもまた別の友達二人と再会。都内で働いてた頃の仲間。
1人はいつもアジカンライブに行く子。
もう1人はバンドやってる子。
どちらも、昨日のライブを誘ったら即答で『行く』と。
うれしいですね。
彼女達と一緒にライブを見ました。


インスタンツとハイハット見て、わたしはいったん外出。
彼女達と軽くご飯を。
一緒に働いてたのはもう4年位前だけど、今でもあの頃の話題に花が咲く。
彼女達がいなければとっくに辞めてたであろう。
今はみんな別の仕事をしてるけど、こうやって会える仲間に出会えただけでも
あの職場で頑張ってよかったと思える。


そこでも1時間ちょい、語り合い、わたしはまたライブハウスへ。


今回のライブ、他にどんなバンドが出るのか全く知らなかったんだけど
SKAバンドがあるってことで、そのバンドに間に合うように戻りました。


戻るとちょうど始まるところ。

最近はスカパラ以外聴いてないけど、数年前はSKA SKA CLUBとか
よく聴いたなぁ。
SKAの陽気な音に触れると身体か勝手に踊りたくなる。
SKAのファッションも好きです。スーツにハット。あぁ、萌え死。。。


その次がトリのバンドで、それもSKAなんだけどSKAコア??
ちょっと。。。だけど、でも、時折SKAらしい音で、思った以上に楽しめた。



便乗して付いて行った割りに、
まきまきのタイムスケジュール(わたし個人の)だった割りに、
昨日は満喫です。大満足です。


帰りにみんなで海老名で夜食(?)
そこで解散。

みんなお疲れ様でしたーーー。


帰ったら、下痢と嘔吐でビックリでした。
サイゼ○アに中ったのでしょうか。。。
今日は休みでよかった。
mixiの話。
今日、お友達の1人がみくしいを退会しました。
まいみくにはならなかったけど、まいみく同然のようなお付き合いをしてくれてました。


退会する旨も、丁寧にメッセで知らせてくれた。


この方の書く文章が、わたしは大好きで、
あるときは面白くて、あるときは深く考えさせられ、
人はそれぞれ色んな考え方をするんだなぁ、って思ってました。


本音を言うと、みく続けて欲しかった。


でも。


今までもそうだったけど、わたしは退会するまいみくさんを
引き止めることはしません。
理由も聞きません。
仲良くしてて、いきなり次の日に消えてたときはショックだったけど
みく以外の付き合いのなかった人は、それ以上の連絡は取りようもないし
諦めるしかない。
きっとその人にはその人の事情があるんだ。と。
それに、所詮「みくしい」じゃん。ってのもある。


わたしはみくしいを始めて3年近くになりますが、
ここ1年はまいみくさんは増やしてません。
リアルな知り合いとかでみくで再会したらまいみくになったりするけど。
今現在で34人。まいみくさんの中にはもちろん会ったことない人もいる。
でも、34人、わたしは大切に思ってます。身勝手な思いだけど。
コレが真剣にお付き合いできる限界。


でも、みくしいやってる人間がみんながみんな、そうやってまいみくさんと付き合ってるわけじゃない。

だから、何の連絡もなくあっさり退会しちゃってもしかたない。
所詮「みくしい」じゃん。


話は反れちゃいましたけど。


退会したお友達が最後に書いた日記は『おやすみ』と言う言葉について。


『おやすみ』ってみんな寝るときに簡単に使うよね。
でも、その一言が人によって捉え方が違うんだ。


眠れない人にとっては『おやすみ』って残酷な言葉。


わたしは昔、もう10年前のことですが。
ノイローゼで、不眠症だった時期がある。
当時の彼と半同棲みたいな感じで、たいていどちらかの家にいました。
彼は会社員。
わたしはそんな状態だったので、働いてませんでした。


夜、もう寝る時間。
彼は普通に寝ます。もちろん次の日も仕事だから。
でも、わたしは眠れない。
彼に『おやすみ』と言われると、この世にたった一人取り残されたような気がして
ものすごい不安を感じます。
眠れないことそのもの自体に対する不安。
もう二度と社会に出れないのかもしれないという不安。
明日なにをすればいいのかわからない不安。
漠然とした未来への不安。


そんな自分が生きていることさえ罪に感じます。


毎日毎日、彼が『おやすみ』と言うたびに、その不安と闘ってました。


でも、
人間て思ってるより丈夫だった。


わたしの症状が軽かっただけかもしれないけど、
起きていればお腹は空くし、テレビ見て笑うこともできた。
電車は乗れなかったけど、自転車で買い物にも行けたし、
パソコンで絵を描くこともできるようになった。


まる1年、社会人としては何もできない日々が続いたけど、
何とかバイトを始めて、そこでまた新しい友達ができて
リハビリみたいな毎日がそこそこ楽しくなってきて。


・・・・・・・・・・・。




あれから10年。


就職活動して、受けて落ちて、また受けて。。。
今の会社に入って、都内某所に配属され、またノイローゼになりそうな環境でしたが
何とか堪えて、限界1歩手前で静岡に異動できて
びっくりなことは店長になっちゃったことだけど、気づけばもう入社して6年半。


あの彼とは別れてしまい、いくつかの出会いと別れを繰り返し
無事に嫁に行くこともできました。


あの真っ暗だった22歳からの数年間。
滅多に思い出すことはないけど、ふと思ったりする。


あの時、死ななくて良かったなって。
頑張って良かったなって。
(ま、本気で死ぬ覚悟も勇気もなかったし、『生』への執着だってあったしね)


今ダンナさんと過ごす毎日が、そう思わせてくれます。




今でもたまに眠れなくて、夜更かししてます。
もともと夜型人間ですし。
ダンナさんは早寝さんなのでさっさと寝ちゃいます。


たまーーーーーーーーーに、不眠だった頃とシンクロして
不安になったりするけど、でも、ダンナさんの地響きみたいな
いびきを聞きいてると、そんな不安がることはないかなって思う。




人はみんなそれぞれ、悩みながら生きてる。
今ニコニコ笑ってるからと言って、つらかった事がないわけじゃない。


心は簡単に折れたりもするけど、それを治す力も持ってるんだ。
乗り越えたとき、自分が思うよりも強くなれてると思う。
そうやって生きていくんだ。


それができなかったわたしの従兄弟。
同じような悩みを抱えて苦しんでいたのに、
わたしは何の力にもなれず、逝ってしまった。
今年の春で7年。
お葬式も今までの法事も行けなかった。
7回忌は、ダンナさんと一緒に会いに行きたいと思います。





まとまりのない日記なのに、読んでくれてありがとう。
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。