日々、是レ、気ママニ育児ト育自。

モットーは『何とかなる』。スカパラライブに行ける日は来るのか!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
『金木犀の人』 episode39
いくら話し合っても、ヤクの気持ちは変わらない。
これ以上は、自分が惨めになるだけだった。


わたし「・・・。わかったよ。。。もう良いよ。」
本当は何も良くなかった。
わたしは別れたくなかった。
でも、どうしようもなかったのだ。


時間は真夜中だった。
夕飯も食べたかどうだか、憶えていない。


ぎゅ~。
お腹が鳴った。


こんな人生最大の修羅場でもお腹は空くんだな。
なんだか、もうどうでもいい気がしてきた。


ヤク 「腹減ったな。なんか食べに行くか・・・?」
わたし「・・・うん、そうだね。。。」


そして、深夜でもやっている某丼チェーン店へ行くことになった。
ヤクのアパートから、車で15分くらいだった。
田んぼや畑を突っ切る道を通っていく。
周りになんにも建物がない道だった。
助手席の窓からふと空を見ると、少し欠けた赤い月が見えた。


もう、わたしがこの助手席から外を眺めることはないんだな。。。
この月が最後の景色なんだな、そう思うと、涙があふれた。



店に着き、ヤクは牛丼、わたしは親子丼を頼んだ。
ヤクは普通にガツガツと食べていたが、わたしは一口か二口で無理だった。
お腹は空いていたけど、食欲はなかった。
わたしが残した分まで、ヤクは完食した。


こんなときくらい、ヤクだってもう少ししおらしくしていれば良いのに。。。
そんな風に思ったくらいだ。


それからまたアパートに帰り、その日はそのまま寝た。


布団に入って目をつぶっても、あの赤い月がまぶたから離れなかった。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
一気に読ませて頂きました!!
とっても面白いです☆

私も、すっごく分かる!!という所もいくつかありました。
じっくりお話がしたくなっちゃいました。

続き楽しみにして居ます♪
2011/06/11(土) 14:50:36 | URL | ゆず #-[ 編集]
>ゆずさん
コメントありがとうございます!!
スムーズに繋がるようになりましたか???

楽しんでいただけてよかったです(笑)
20代のわたしは、周りから男運ゼロと太鼓判を押される程でした。

多分、もう少しで完結する(はず)と思いますが、
お付き合いください♪
2011/06/12(日) 08:38:46 | URL | KAZU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。