FC2ブログ

日々、是レ、気ママニ育児ト育自。

モットーは『何とかなる』。スカパラライブに行ける日は来るのか!?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
覚書 -弐-
病院はうちから車で10分ちょっとのところなので、8時45分くらいに到着。

車を降りると、ちょうど陣痛の波がきてうずくまるわたし。
来る途中も1度波がきましたが、間隔はまだ10分くらいだったと思います。

マメ子は義母に預ける予定ですが、とりあえずそのまま3人で病院に入りました。

ナースステーションに案内されると、なんと陣痛室がいっぱいなので少し待っててください、とのこと。
ちなみに陣痛室は2ベッドです。
でも、1人がすぐ分娩室に移るらしく、待ったのは5分か10分くらいでした。
その間にガチャピンはマメ子を義実家へ送りに行きました。

陣痛室のベッドへ通され、まずは助産師さんの問診。
陣痛は続いているけど、問診には普通に答えられるレベル。
それから内診。
なんと子宮口は6㎝開いてると言われて、びっくり。
午前中には出産できるでしょう、って。
この時、もう9時は過ぎていたので、あと3時間以内に出産してるだなんて信じられませんでした。
まだ痛みも大したことなかったし。
経産婦だとそんなに早く進むのか?と思いました。

しかし、一つ問題発生。

なんとわたしの血圧が異常に高かったのです!!
問診後、血圧測定をしましたが、数値を見た助産師さんの動きが一瞬止まったほどでした。
なので、もう一度計り直したのですが、やはり高いようで
助産師さん「もう少し落ち着いてからまた計りますね」
わたし「え?そんなに高いですか?いくつです?」
助産師さん「う~ん。聞かない方が良いです(苦笑)」

普段低血圧のわたしなので、高いと言ってもそう高くないだろうと思っていたのですが、後で聞きましたが、初めの測定値はなんと、上が191の下が160だったそうです。

ありえない。。。。

それから10分後くらいに、また計りましたが、上が160下が130と、やはり高い。
頭が痛い等の自覚症状を聞かれましたが、全くありませんでした。

分娩着に着替え、お腹のモニター、腕には血圧計が常時付けられ5分間隔で計る設定になってました。


そこへ、ガチャピンが戻ってきました。
わたし「血圧が高いんだってさ」
彼「へぇ、そう」

そんな軽いやりとりをしていたわたしたちですが、助産師さんから「最悪、命の危険もあり得る」と言われ、やや焦りました。

それから、わたしは血圧計が気になって仕方ない。

初めの数値からは下がったものの、上は140~150台、下も120台で、人生で見たこともない数値が続いていました。

陣痛もだんだん強くなり、間隔も3分くらいになってきて、いろんな意味で余裕がなくなってきました。


つづく
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。